2010年05月21日

臓器移植・提供の普及啓発促そう―「Gift of Lifeプロジェクト」発足(医療介護CBニュース)

 改正臓器移植法の全面施行を控え、より多くの人に臓器移植に関心を持ってもらおうと、臓器移植の関連団体などでつくる「Gift of Lifeプロジェクト委員会」(委員長=寺岡慧・日本移植学会理事長)が5月19日、東京都内で記者会見を開き、同委員会の意義や今後の活動内容を発表した。

 同委員会は4月に発足。移植学会や移植コーディネート協議会など、臓器移植の関連団体の代表者ら7人で構成する。7月17日の改正法の全面施行に向けて、六本木ヒルズを会場にさまざまな催しを開き、臓器移植や提供への理解を促すのが目的だ。
 改正法では、臓器提供に際しては本人の意思確認が不可欠だった従来の制度から、本人の意思が不明でも家族の書面による承諾で提供できるように変更される。また、これまで対象とならなかった15歳未満の小児からも新たに臓器の提供が可能になるため、移植を待つ患者に対してドナーが圧倒的に不足している日本の移植医療が大きく変わるとみられている。
 記者会見で寺岡委員長は、「1人でも多くの人に現状を正しく理解してもらった上で、臓器移植や提供について考え、意思を持つことの大切さを知ってほしい」と述べた。
 会見には、家族からの提供による腎移植を経験した演歌歌手の松原のぶえさんも同席。人工透析を受けながら歌手活動をしていた時の体調管理の苦労や、その後の腎移植によって、元の生活を取り戻すことができた感謝の気持ちなどを語った。松原さんは、「わたしは移植によって、再び新しい人生を歩き始めることができた。ぜひ、臓器移植を自分のこととして考え、家族と話してみてほしい」と訴えた。


【関連記事】
臓器移植ネットに「思い切った普及啓発活動を」―省内仕分け
改正臓器移植法のガイドライン案を公表―厚労省
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班
ドナーカードなどの意思表示方法で議論―臓器移植・普及啓発作業班
臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で

常陸宮ご夫妻がモナコへ(時事通信)
看護職員7割が慢性疲労 日本医労連調査(産経新聞)
バラ色の門出を祝福 福山ばら祭開幕 広島(産経新聞)
口蹄疫の感染止まらず=家畜処分対象は8万頭超に―宮崎(時事通信)
<石神さん>「女性の願いを一つだけかなえる」 鳥羽・神明神社、女性参拝客増える(毎日新聞)
posted by ヒロイ マサハル at 10:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。